For Beginner

サウナ初心者の方の為の記事

 

【Domani】女性向け雑誌DomaniのWebサイトで連載がはじまりました

いつもお世話になっております、サウナ女子です。 今、密かに盛り上がってます! 働く女性にサウナが〝効く〟理由【サウナ初心者エディター、〝サウナー〟への道〜vol.1〜】 https://domani.shogakukan.co.jp/119871 雑誌Domani  のWebサイトで、  サウナ初心者のDomaniエディターさんが サウナ女子のおススメの都内の色んなサウナに行ってみる連載がスタートしました! 本当にサウナ水風呂に入ったことのない所からのスタートなので、 これからどうなっていくのか楽しみです! 今回私はインタビューに答えただけなのですが、このエディターさんの文章力たるや。 勉強になります、、、! 今後も原稿確認がワクワクです〜〜 そして個人的にDomaniって昔から結構好きな雑誌なので嬉しい、、、!笑 今月はもう一件雑誌に関するご報告があるのですが、私自身どんな感じになってるのかよくわかってないので楽しみです。 やはり初心者向けのお話を求められる事が多いですが、たまには激玄人寄りの話もしてみたい、、、笑 引き続き、どうぞよろしくお願い致します。

コメントなし

【Pouch】サウナ食わず嫌いの女性達に気持ちいいサウナを体験してもらった結果

【ガチ体験記】サウナ食わず嫌いの女性達に気持ちいいサウナと水風呂の入り方を体験してもらった結果 → 「最初は死ぬけど蘇る!」   https://youpouch.com/2017/12/04/473405/   いつもお世話になっております。サウナ女子です。   外部媒体で書いたり取材を受けた記事をブログでは全くご紹介できていなかったのでまとめていこうと思います。     とにかく、「初心者がサウナを体験するために」「初心者にオススメのサウナ」「女性のはじめての、、、」 ってテーマを頂くのでかなり内容かぶっていますが、やはり媒体や編集さんで全然違うテイストになっています。裏話なんかも合わせてご紹介しますね!     この記事は私の1番思い入れの深い記事で、   ◾︎ガチでガイドしたし、肉体だけ出演した笑(詳細は記事にて) ◾︎porch編集のモモさん、マリコさんという、サウナー編集部と一緒に作れた ◾︎本当に素人の女性だけに来て頂いた、しかもみんな顔出し肉体出し!(詳細は記事にて) ◾︎スカイスパの全面協力とお心遣い最高だった ◾︎ロウリュ担当の方、まじでその辺のアイドルより全然かわいかった(詳細は記事にて)     という、すごく楽しいポイントがたくさんあるイベント記事になりました。     実際体験に来て頂いた3人とも最初は全く水風呂に入れなくて、顔が青ざめてるのを見て   「ああ、これがサウナ普及へのハードルか、、、」   と、妙に納得したと共に、もっとみなさんが入ってみたくなるよう頑張らなくちゃなー(謎) と、当時決意を新たにしたような気がします。笑     最後はみんな水風呂にも入れるようになり脱力して、ととのっている時の浴場の静寂。神々しささえ感じました。     あー、また初心者ガイディングしたいなー。   結構長い記事なのですが、是非!読んでみてください。3人のステキなサウナーへの第一歩のお写真も楽しめますよ。   それでは、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

コメントなし

友人をサウナにハメたいあなたへ

(2017年8月の過去ブログより転載) いつもお世話になっております。サウナ女子です。     このブログをご覧下さっている画面の前のあなた、 最近はじめた新しいことはなんですか? 初めての感覚に恐怖を味わったことは? その後に感動は得られましたか? その感覚を共有出来る人はいますか? その感覚を、どうやって共有したら伝わりますか?     今日は、「サウナーと非サウナーのコミュニケーション」について、 思うところがあり筆をとりました。(正確にはキーボードを叩きました!)     サウナ大好きなサウナーの皆さま、 周りの方もととのいワールドにハメたいとお思いでしょう。 そして、サウナに興味のない人からすると 「は、、、?」って感じでしょう。     きっと○○が好きな人、と○○に興味ない人の コミュニケーションと置き換えても一緒だと思います。     私の体験をもとにコミュニケーション例をお伝えしたいと思います。     ざっくり結論—————————-   泳げないし海怖かったけど はじめてダイビングしたら はじめての水風呂と似てると思った   ————————————–     ところはオーストラリア、グレートバリアリーフ略してGBR。 (TKGみたい、と思って笑ったのは秘密)         ~wikiより 宇宙空間からも確認できるほど広大であり、 生物が作り出した単一の構造物としては 世界最大のサンゴ礁。そして、この暗礁は 生物多様性を支える重要な役目を持ち、 1981年に世界遺産(自然遺産)に登録された。     ダイビングをご経験されてない方からしても非常に有名なスポットだそうです。       しかしサウナ女子、過去3回溺れかけており、そもそも泳げないし、 浅瀬でシュノーケルを嗜む程度です。     【サウナ翻訳:】 何回かサウナ入ったけど熱すぎてやけどしたかと思った。 そもそも乾燥しすぎだし、岩盤浴を嗜む程度です。   足つかないところに行くとパニックになるし、 魚とか別に水族館で見れるし、 わざわざ生存不可能な空間に行ってまで見る必要ないじゃーんと。     【サウナ翻訳:】 別にお風呂であったまればいいし、 水風呂冷たくて心臓に悪いし、 わざわざ熱い冷たいとかやる必要ないじゃーん。     そう今までは考えていて、 なんでも気になったらまずやってみるタイプの割に ダイビングにはトライしようとも思いませんでした。     しかし気づいたら、サフレの 「水風呂+水族館みたいなもんだよ~」 という甘言に惑わされ(水族館大好き) あれよあれよと船に乗っており、 体験ダイビングチームを組んで海に向かっていたのでした。     ガイドはオーストラリアに住んで長い、 笑顔の素敵な日本人のRieさん。 やはり初めての事はなるべく不明な点がないよう、 私の海に怯えるセンシティブな気持ちをわかって頂くためにも 日本人としてのメンタリティと日本語でご対応頂きたく選ばせていただきました。     【サウナハメハメポイント①】 はじめてのことに挑戦してもらうときは 共通の言葉を使う。 いきなり「ととのう!」「シングル」「水質」「ロウリュ」など、 相手のわからない言葉を使わない。     もろもろのレクチャーを受けるサウナ女子。 しっかりとリスクについても確認。 「死なないですか?海の中息できないですよね?」 「パニックになったらどうしますか!?!?」   → 「みんな最初は怖がるけど帰りはもっと入りたいって言うよ!」 「女の子の方が最初パニックだけどあと冷静だよ」 「いやだったらすぐ船に戻っていいよ」 「無理だったらシュノーケルしよう!」 「人間、浮くから大丈夫!」     【サウナハメハメポイント②】 決して無理させない。あらかじめ別の選択肢を提示しておく。気楽に気楽に!     そしてボンベやスーツを着用し、いよいよ海へ。 船のへりに腰か…

コメントなし

後輩Mちゃんの はじめてのみずぶろ体験記

(2017年5月の過去ブログより転載) サウナ女子コメント: いやもうあなたそれととのってるから!!! ーーーーーーーーーーー お世話になっております、 サウナ女子さんの大学の後輩Mちゃんです。 サウナ女子さんの記事を 楽しみにしていた方ごめんなさい。 マルシンスパに関する妄想ブログにて、 恐れ多くも登場させていただき、 全然サウナーじゃないくせに 好き勝手ふざけたことを想像だけで話していたあいつです。     その節はお世話になりました。 普段は六本木でOLやってます。 趣味は落語をきくこと、 特技は他人に即興で媚びること。 あんな記事まで出してもらって、 おまえまだサウナちゃんといったことないんかい!! と自分でも思ったのでいってきました。 一人で。 その前に… 私、元々スーパー銭湯は大好きで、 友人とスタバでクソ高いフラペチーノ片手に 茶をしばくくらいなら、 お風呂につかって素っ裸で ダラダラ語り合いたいという考えの持ち主です。 都内のきれいめスーパー銭湯は 結構巡ってたりします。 もともと冷え性で代謝が悪く、 サウナは手っ取り早く汗かけるので それなりに入ってみたりしてました。 (すぐ熱くなって出ちゃってましたが) ただ、私にはかねてからずっと 疑問がありました。 それは、 あの水風呂はなんのためにあるの? あるの? あるの?(エコー) Mちゃんの水風呂のイメージ:   •サウナの横に絶対ある •冷たい •すごい冷たい •ものすごい冷たい  (温水プールの比じゃない) •割とスタイルのいい頭にタオル巻いた人生のベテランがいる 世の女性達もイメージは大抵こんな感じだと思います。 長年この疑問は解消されることのないまま、 月日だけがすぎ、 つい最近サウナ女子さんと久しぶりにお会いしたときのこと。 Mちゃん   「おひさしぶりです! なんか最近SNSでサウナサウナうるさくないっすか?サウナばばあかよ。」 サウナ女子   「(ばばあはきこえてなかったみたい) そう!いやサウナマジ最高なんだよ! サウナからの水風呂マジととのうんだよ! ととのいっつーのは◯▲◻︎※…」 Mちゃん   (なんかはじまった…) 元々サウナ女子さんの楽しいことや 美容に対するセンスは信用していたのに加え、 持ち前のオラオラトークにやられた私は、 サウナの後の水風呂が 気になりはじめてしまったのです。 では、前置きが長くなってしまいましたが、 についてレポートしてみます。 ♫BGM はじめてのおつかいのテーマ だーれにもーないーしょでー♬ 舞台はMちゃん御用達のスーパー銭湯、 都内に数カ所を構えるおふろの王様。   かつて真顔で男湯ののれんをくぐりかけ、 清掃のおばちゃんに慌てて止められたこともある 非常に思い出深い場所です。 あと、全然関係ないけど館内着が すごい好きで、館内着をまとうと 自撮りしたくなる位テンション上がっちゃうんだよね。 早速サウナにいってみます。 いつもは熱くて早々に切り上げてしまいますが、 今日はとりあえず5分がんばるぞ。 日常生活では全然汗かかないのに、 じわじわ汗かく感じがいい。 ここまではいつもと同じ。 でも今日はこの後、 とてつもなく重大なミッションが待ち構えている!! そう、水風呂!!! 5分後、わたしプロサウナーですよ みたいな感じで何食わぬ顔で汗を流し、 そうそうこれこれ、みたいな雰囲気を 醸し出しながらついに水風呂へ。 期待と不安で胸が膨らみます。 そーっと足を入れてみました。   Mちゃんの心の中  「つめてええええええええええええええええええええええええええええ」 こんなにも世に晒している表情と 心の中の状態に差があるのは、 キモいおっさんにセクハラされている キャバ嬢と並ぶのではないでしょうか。 しかし、今はこの先がみてみたい。 知らないなにかが私を待っているのなら。 かつてトンネルを抜けると そこは雪国だったかのように、 水風呂をくぐるとそこには なにかが…待っている…かも… そしてマジ冷たくて心の中で うぎゃー!!!となりながらも 全身つかってみました。 サウナ女子さんにいわれたとおり 腹式呼吸をして、ゆっくり肩まで入ってみます。 人生初水風呂の洗礼を受けている 女子を横目に、プロっぽい方たちが ザバーン!ザバーン! と出たり入ったりしていきます。 さすが、半世紀生きてるだけあるぜ(推定)。 そしてMちゃん人生初水風呂の感想 「冷たい」 ・・・でも、あれ?? 水風呂から出ても寒くない!! し、頭がスッキリした感じがする!!! そして二回目のサウナへ。 ん?なんかゾクゾクする? それにさっきより熱くないかも? すご…

コメントなし

女子的水風呂のすゝめ

(2017年3月の過去ブログより転載)     お世話になっております。サウナ女子です。 最初の記事はやはり、 女性サウナー誕生の最大の鬼門であり、 天国の門である     水風呂 についてお伝えしたいと思います。 【ざっくり結論】———————————— サウナ=血管拡張 水風呂=血管収縮 休憩=血流が良くなり、酸素が身体全体に行きわたる ⇒結果:いろいろいいことあるよ ————————————————大抵の女性は、 ■岩盤浴、温泉は好きだけど、    サウナは熱すぎる~~ ■冷え性なのに水風呂とか意味不明~~ ■体は冷やしてはいけない!!!    代謝が下がる~~ ■肌とか髪とか乾燥しそう〜〜   ■サウナはおじさんのもの~~ と思っていらっしゃることと思います。 私もそう思ってました。 サウナ女子自身も今まで水風呂を利用したことがなく、 湯気と温熱で開いた毛穴の引き締めのために 顔に冷水をかけるためのところだと勘違いしておりました。笑 女性誌やメディアで散々「女は温めてナンボ!」と言われているにも関わらず、 全身を自ずから冷水に浸し、 せっかく得た利益(熱)を捨ててしまうなど はっきり申し上げて頭がおかしいのかと。(まあ、サウナーとなった結果、やはり ちょっと頭はおかしいと思っておりますが。) しかし、得た利益(熱)を投資(水風呂)し、 それを繰り返すことで更なるリターンがあるのです。     サウナ⇒水風呂⇒休憩⇒サウナ⇒水風呂⇒休憩⇒・・・ それが ととのい。 ※サ道   タナカカツキ先生著 デトックス・リフレッシュ・ストレス解消・ 新陳代謝UP・解放感・血流改善・免疫力UP・ サウナトランス・瞑想・悟り・サウナマジック・ 気分爽快・禅・リラックス・アンチエイジング・ 快眠・美肌効果・自律神経のバランス・ メディテーション・マインドフルネス・ 転生・筋肉弛緩・疲労低減 などなど、人によって様々な要素を含む心と体の状態を、 ととのいと呼ぶようです。 ex)「ととのった~」「ととのってる」「超ととのう」etc キマった、という方もいらっしゃるようですが 淑女はやはりエレガントに「ととのい」が良いのではないでしょうか。笑 ◎はじめての ととのいのすすめ   ・まず、体を洗いサウナに入ります。   この際、乾燥が気になる方は 髪に流さないトリートメントやオイルをつけ、タオルを巻くなどして下さい。 顔にも、フェイスオイルか化粧水を薄ーく塗っておくと乾燥しません。   サウナに入っている時間は何分でも良いのですが、 熱い、もう無理!となるまで入ってみてください。(無理は禁物です!) サウナ女子は最初6~8分くらいでギブアップでした。・そして水風呂へ。   最初、水をかけ湯した瞬間、 きゃー!つめたい!無理無理無理ぎゃー! 水風呂に入った瞬間、 きゃー!つめたい!無理無理無理ぎゃー! となります。   そこをぐっと、女の根性でぐぐっと耐え、 息を腹から吐きながら肩までつかってみてください。 「あっ意外といけるかも・・・」となったら、 いさぎよくすぐに出てください。 ここで長くつかると、最初は冷えが強くなりすぎる場合があります。 水風呂を出ると、意外に寒さはなく 体の内側からぽわ~~っとしてくることに気づくはずです。 ここで寒い場合は温めが足りませんので、 お風呂やサウナに長く入ってみてください。 ・これを3回ほど繰り返し、どこかお風呂の中の座れるところや 横になれるところで目を閉じて脱力してください。 (外気があるところだと尚良しです。) そこでふと気づく、自分の血管のトクトクする音、 風が皮膚をなでる感触、歯のかみ締めや雑念が消えていく感じ。 ヨガをやったことがある人なら、なんとなくわかって頂ける気がします。   これが「ととのい」です。 あとはもう、実践あるのみです。 人生やったもんがちです。 水風呂は怖くない!笑 サウナ上がりのパックはエステ一回分の効果!   と、いうことでサウナ&水風呂の良さを 一人でも多くの女性に知って頂き、 女性サウナーが増えることで より良いサウナ施設が出来、私の悦びとなる、 そんなよこしまな思いで今後も綴って参りたいと思います。   今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメントなし

 

Share

広告