サウナ情報まとめ,  サウナ考察

自作テントサウナ大作戦 ~実践編~

(2017年3月の過去ブログより転載)

お世話になっております。サウナ女子です。

 

テントサウナ大作戦、

製作フェーズを書ききったら
なんだか満足してしまい、

肝心のやってみてどうだったかを
書くのをすっかり忘れていました。

 

 

ざっくり結論ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

火ってすごい
あとやっぱテント普通に溶ける
けど最高無問題!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

朝、寝ぼけ眼で静岡県の某所の滝に

向かうサウナ女子一行。
 

前日に自分たちの手で

テントサウナを作り出した
静かな興奮が、妙に我々を楽観的にさせていた。

 

 

ところでサウナーの聖地・しきじを

擁する静岡、やっぱり水がいいのか、

水風呂はシングルに近いところが多く、

塩素臭のするスーパー銭湯がほとんどないですね。

 

普通にシャワーとか浴びても、

東京と比べて髪の毛の手触りが別格です。

(まあ他の水質のいい地域も同じですが)

 

 

さて、滝に向かう一行、

あいにく小さい車しか用意できず、

荷物が入りきらずに
ストーブを抱えて移動することに。

image

 

この時点でもうウキウキしすぎて
マジ帰りのことなど気にしねえ!

特攻!燃料は片道分!
という雰囲気のサウナ女子ズ。
(火焚いた後も抱えて帰るのか・・・?)

 

 

滝に到着し、大きな桜が咲く

川のほとりを発見。
普段はバーベキューの家族連れで

にぎわうだろう場所。
image

 

天気予報は晴れだったのにまさかの霧雨。

でもそこはサウナー集団、

いやいや最高のサウナ日和だねえ、

なんて言いながら

とりあえず昨日の予行演習通り
テントを設営。

image

 

川でその辺の石を拾い、

ロウリュ用の水をくむ。

image

 

ペグを刺すサウナ女子。

image
途中でハンマーがブチ壊れ、

石で叩くワイルドっぷりを見せつける。
山の中で、眠っていた野性が目を覚ます。

 


ここで実践時の

テントサウナ追加材料のご案内!

 

・薪

・着火剤

(霧雨の中、これがないときつかった)

・チャッカマン

(忘れて霧雨の中マッチで頑張りました)

・新聞紙

・うちわ

・ビールケース

(椅子替わりに、熱くならないしテント用品入れられて最高)

image

100均の座布団

(あれば、ビールケースに敷く用)

・アロマオイル

(ロウリュ用、忘れたので川の水フレーバーを楽しみました)

 

 

 

そう、私たち本当に浮かれていたんです。~~~~~~

 

飲み物や食べ物を一切買わずに行くほどに。
 

肝心のチャッカマンを持たずに。
 

さんざん家ロウリュとかいって

使ってるアロマオイルを忘れ。
 

霧雨の中着火剤なしで

火が燃え上がるわけもなく。

 

マジ帰りのことなど気にしねえ!

特攻!燃料は片道分!

 

と言いながら本当に燃料が足りなくなるとは、

 

思いもしなかったんです。~~~~~~~~~~~~~

 

 

まず無事にテント設営後、

テント内にストーブをON。

薪をIN。新聞紙もIN。

マッチをこすり、火をFIRE。

 

image

・・・・・・・・・・

火が付いたぞおおおおお!!!!

わああああああ!!!!!!!!!!

あったかい!ついにテントサウナだあ!!

もう服脱ぐ?脱いじゃう?!?!

よし!脱ぐぞ!

 

 

となるもつかの間、

みるみるとしぼんでいく火。

うちわで必死に仰ぐも、

唯々テント内に充満する煙。

色んな意味で涙目。

 

 

そう、霧雨××

うまくいくはずがないんです。

ましてや焚き付けも、燃焼材もなく。

マッチと新聞紙での戦い。

 

 

その後も果敢にトライするものの、

ただひたすらにマッチをこすっては

新聞紙だけが燃え、

灰と化してゆく。

 

 

有名なマッチ売りの少女という童話を、

これほどまでに意識したのは

人生でもこの日だけでしょう。

束の間のあたたかさを求め、刹那的に生きる少女・・・・。

 

 

え、マジどーする?これ、新聞紙も尽きるし、

薪に火うつんないし、

寒くなってきたし。。。。失敗じゃね?

 

 

という雰囲気になるも、

そこであきらめるサウナ女子ではございません。

目標達成の為なら手段は厭いません。

 

 

「わかりました。買い出しにお行きなさい。」

 

と、サフレンズを送り出し、

焚き付けを買いに行ってもらうことに。

 

ふと気づくと、

 

・電波ない

・山奥

・女一人

・水着

・怪しいテント

・霧雨

 

と、もうこれ

変質者に会ったら戦いは避けて通れない、

もしくは私が変質者状態。

しかも寒くなってきたし、

もう火は消えちゃったし、

おなかすいたしのどかわいたし・・・と

30分ほどガクブルしていたところ、

サフレンズが戻ってきました。

 

 

与えられた塩おにぎりとミネラルウォーター。

4月に入ってから一番おいしいご飯でした。。。

48日でしたが)

 

そして焚き付けを入れ、再度Fire!!!!

 

ぼわあああああああああああああ!!!!!

めっちゃ燃えてる!!!!!!!

あつ!あっつ!!!!!

よし!脱ぐぞ!!!!

 

 

無事、火が燃え上がり

急上昇するテント内の温度。

高まるセルフロウリュへの期待。

堪え切れずに

ちょっと早まって水かけちゃって

火が弱まっちゃったりなんかして。

 

 

じんわりと皆汗をかき始め、

体感温度もかなり上がってきました。

ストーブのそばだと80-85、

少し離れると75-80くらいでしょうか。

(温度計忘れました)

 

 

さっきまでの悲しみムードが一転、

ほわほわした幸せな空気感に。

「あっきてるきてる!」

「汗かいてきた!」

「次ロウリュしなよ!」

「じゅわああああ」

「うぉおおおお」

うちわであおぎあう我々。

 

 

{74E59AD5-9BEA-493E-9733-97C15DC4AB18}

 

 

 

外に出て、川に入り水をかけあうなどして戯れる。

周りから見たら確実に

ゲイカップルと女友達。

やはり自然の中でのととのいは最高ですね。

 

 

しかし、気づいちゃったんです。

煙突用の穴、煙突に触れないように

あけたつもりが

普通に触れてるし、普通に溶けてました!笑

image

 

角度と風の影響ですかね。

でも、テント内の温度は熱いままでしたし、

別にはさみで開けた穴が

多少広がってしまっただけなので、

 

 

無問題!

 

 

むしろ次回利用時にぴったりの穴が

開いたと思えばラッキーです!笑

 

今度はテントサウナと

キャンプ用テントを両方立てて

一晩過ごす予定です。

 

ちなみに行きに抱えてきたストーブ、

帰りは無理やりトランクに詰めました。

為せば成りますね。

 

 

とりあえず帰りは異常に疲れたのと、

煙臭かったので、

静岡の水風呂グルシンサウナに行き、

水通しをして速攻でととのいと

達成感に包まれたサウナ女子(燻製)でした。

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

広告