サウナ情報まとめ,  サウナ考察

自作テントサウナ大作戦 ~製作編~

(2017年4月の過去ブログより転載)

 

 

お世話になっております、サウナ女子です。

唐突ですが
①サウナは好きですか?
yes→②へ    no→こちらへ

②水風呂は好きですか?
yes→③へ    no→こちらへ

③森や川、海など自然は好きですか?
yes→④へ    no→⑥へ

④キャンプやアウトドアは好きですか?
yes→⑤へ    no→⑥へ

⑤・・・テントサウナやりましょう!

⑥・・・貴方はアーバンサウナーの称号をgetしました

という茶番はさておき、

ざっくり結論—————————
 

サ欲のとどまることを知らないサウナ女子、
テントサウナ作っちゃいました。
 

————————————–

サウナ祭りでテントサウナを初体験し、
やばい、これはいい!!!!

手軽!サウナが持ち運べる!
好きな水と空気で整えるやん!!!!
と思わずエセ関西人になるくらい感銘を受け

元々なんでも作りたがりのDIYサウナ女子、

よもぎ蒸しにハマった時はよもぎ蒸しセットを板から作ったり

 

{A3F32B4B-380F-46A7-BEC8-2D1E5B442386}

 

{B9E61D36-3735-4EF7-856A-BFFCCB1CC09A}

 

 


とにかくなんでも作りたい欲求旺盛です。

そしてキャンプも大好き、
テントも余ってるし、ということで
もうこれはトライするしかないだろうと。

一応、当初は普通に売っている
テントサウナを買おうかと思い
いろいろ調べたところ

25万^^


25万円・・・・。

銭湯サウナ(大体800)

 

 

 

 

313回いける金額ですね。


大都会Tokyoで暮らすサウナ女子、
そんなに頻繁にテントサウナは出来ないですし、

お金を使うのはとっても楽しいことですが、
お脳を使うのはもっと楽しい!

ということで自作を決意しました。

そして特に深く考えず、サフレ2名に
(筋肉短髪ゴリラ系男子&ヒゲメガネ熊系男子という
2
丁目垂涎の組み合わせ、しかも彼らは初対面)

「テントサウナを作ります。お手伝いなさい。」

と言ったらのこのこと引っかかり、
待ち合わせ時間もどこでやるかも
設計図も買い物リストもないまま
ただただ集まったのでした。

集まってからサウナ女子が書いた
設計・・・図・・・?

{74F91810-B903-4EFC-8DD2-697B4E814199}

 

 


あとから
「あんな適当に声かけたのによく乗ったね」
と聞いたところ、「楽しそうだったから。」
と事もなげに答えたサフレンズに
熱い感謝とキッスの風をアウフグースしたいです。


1
日目は買い出し&試し設営、
2
日目に滝のほとりで火入れ!
というスケジュール。


途中、断熱材のことがよくわからず、
ホームセンターのおじさんたちに相談し困らせたり、
ガレージで設営中にその辺をあるいている方に絡まれたり、(好意的に)
ぐだりまくってファミレスでパフェを食べたりしながら
どうにか完成までこぎつけました。

そしてかかった費用合計なんと・・・・

10260(テント、薪除く)
やっす!

銭湯サウナ(大体800)
13回分ですね。

【用意したもの】

テント

(余っていた15年くらい前のテント、6人用くらい。かなりしっかりしている)

 

ホンマ製作所 燃焼工房8500
(薪を燃やせて石が置けるストーブ・かまどで長めの煙突付きであればOK

 

{0CACA570-FEF8-47B6-BB5F-DCEA40ADE56B}

 

粉ミルク チルミル1300
(缶を煙突とテントの接触部の断熱カバーに使用)


パーライト  160
(断熱材代わりに。園芸用の鉱物?土壌改良材だそうです。1つで充分でした。)

金たわし 2~300
(パーライトを詰めたふたがわりに。)
{7C76789D-338F-479F-AAEE-FAD56D74371F}


ロウリュウ用おけ・柄杓
(よくお墓参りで使うアレ、お借りしました。)

{99C78211-6A6F-4C36-8B72-361F941C47DC}

石&金属のかご
(サウナストーン買おうとしたのですが、東京から
持っていくのが重そうだったのでその辺で拾いました)
ちなみにこちらでサウナストーン1kgからばら売りされてます。
http://www.izumikosan.co.jp/


はさみ
油性ペン
軍手
一酸化炭素チェッカー1500円くらい
買ったのですが、家に忘れました・・・。

用意するブツは以上です。



【サウナ女子流・適当テントサウナレシピ】

①テントを設営します。

 


②粉ミルクの中身を取り出し、缶切りで筒にします。{49128AD4-7229-4EAE-99D9-9E4777A3E875}


③ストーブをテントにいれます。
 
④テント内のストーブベストポジションを確認します。
テント内でストーブ本体がテントの壁に近くなく、
煙突が突き出るところに煙突をあて、まあるく印をつけます。

⑤ハサミで印をつけたところを切ります。フライシートがあるテントの場合は合わせて切ります。接触すると溶けてしまうので、実際の缶より2cmほど大きくあけてください!!
image
 
 
⑥ストーブの床も広めに切り取ります。{7BB373D7-EE85-46F6-8FFA-4F7D8D3F8139}

④煙突を穴にハメ、再度ポジションを確認し問題なければ、
粉ミルクの缶が入るくらいに穴を広げます。

⑤筒になった粉ミルクの缶をかぶせた煙突を穴にハメ、
穴が粉ミルクの缶の真ん中になるように調整したら
粉ミルクの端に沿って煙突に印をつけます。
image
 
⑥一度煙突を穴から外し、粉ミルクの缶との間(下のみ)に
伸ばした金だわしをはめ込みます。
余ったら切ってください。この時、さっき付けた印からずれないように注意します。

image
image

⑦ちょっと水を足してまとまりやすくしたパーライトを
粉ミルクの缶との間に詰め、上も金だわしでふたをします。煙突の完成です。imageimage 

⑧穴にハメます。完成です。

穴はひとまわり大きくとってくださいね!

 

 

{FA49553B-E914-4306-9324-C567ED30F622}
 

 

たったこれだけ!テント切って煙突ハメるだけです。

特殊な工具もなーんにも必要ありませんでした。

 

テントサウナの作成、使用は自己責任でお願いします。

安全第一ですよ!

 

さて、実際の火入れの様子は・・・・

長くなりすぎちゃったので、次回の更新といたします!笑

 

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

広告