サウナ初心者向け,  サウナ考察

友人をサウナにハメたいあなたへ

(2017年8月の過去ブログより転載)

いつもお世話になっております。サウナ女子です。

 

 

このブログをご覧下さっている画面の前のあなた、

最近はじめた新しいことはなんですか?

初めての感覚に恐怖を味わったことは?

その後に感動は得られましたか?

その感覚を共有出来る人はいますか?

その感覚を、どうやって共有したら伝わりますか?

 

 

今日は、「サウナーと非サウナーのコミュニケーション」について、

思うところがあり筆をとりました。(正確にはキーボードを叩きました!)

 

 

サウナ大好きなサウナーの皆さま、

周りの方もととのいワールドにハメたいとお思いでしょう。

そして、サウナに興味のない人からすると

「は、、、?」って感じでしょう。

 

 

きっと○○が好きな人、と○○に興味ない人

コミュニケーションと置き換えても一緒だと思います。

 

 

私の体験をもとにコミュニケーション例をお伝えしたいと思います。

 

 

ざっくり結論—————————-

 

泳げないし海怖かったけど

はじめてダイビングしたら

はじめての水風呂と似てると思った

 

————————————–

 

 

ところはオーストラリア、グレートバリアリーフ略してGBR。

(TKGみたい、と思って笑ったのは秘密)

 

{3ADDD236-7EC2-47A2-B812-357AF6D057AB}

 

 

 

~wikiより

宇宙空間からも確認できるほど広大であり、
生物が作り出した単一の構造物としては
世界最大のサンゴ礁。そして、この暗礁は
生物多様性を支える重要な役目を持ち、
1981年に世界遺産(自然遺産)に登録された。

 

 

ダイビングをご経験されてない方からしても非常に有名なスポットだそうです。

 

 

 

しかしサウナ女子、過去3回溺れかけており、そもそも泳げないし、

浅瀬でシュノーケルを嗜む程度です。

 

 

【サウナ翻訳:】

何回かサウナ入ったけど熱すぎてやけどしたかと思った。

そもそも乾燥しすぎだし、岩盤浴を嗜む程度です。

 

足つかないところに行くとパニックになるし、

魚とか別に水族館で見れるし、

わざわざ生存不可能な空間に行ってまで見る必要ないじゃーんと。

 

 

【サウナ翻訳:】

別にお風呂であったまればいいし、

水風呂冷たくて心臓に悪いし、

わざわざ熱い冷たいとかやる必要ないじゃーん

 

 

そう今までは考えていて、

なんでも気になったらまずやってみるタイプの割に

ダイビングにはトライしようとも思いませんでした。

 

 

しかし気づいたら、サフレの

「水風呂+水族館みたいなもんだよ~」

という甘言に惑わされ(水族館大好き)

あれよあれよと船に乗っており、

体験ダイビングチームを組んで海に向かっていたのでした。

 

 

ガイドはオーストラリアに住んで長い、

笑顔の素敵な日本人のRieさん。

やはり初めての事はなるべく不明な点がないよう、

私の海に怯えるセンシティブな気持ちをわかって頂くためにも

日本人としてのメンタリティと日本語でご対応頂きたく選ばせていただきました。

 

 

【サウナハメハメポイント①】

はじめてのことに挑戦してもらうときは

共通の言葉を使う。

いきなり「ととのう!」「シングル」「水質」「ロウリュ」など、

相手のわからない言葉を使わない。

 

 

もろもろのレクチャーを受けるサウナ女子。

しっかりとリスクについても確認。

「死なないですか?海の中息できないですよね?」

「パニックになったらどうしますか!?!?」

 

「みんな最初は怖がるけど帰りはもっと入りたいって言うよ!」

「女の子の方が最初パニックだけどあと冷静だよ」
「いやだったらすぐ船に戻っていいよ」
「無理だったらシュノーケルしよう!」
「人間、浮くから大丈夫!」
 
 

【サウナハメハメポイント②】

決して無理させない。あらかじめ別の選択肢を提示しておく。気楽に気楽に!

 
 
そしてボンベやスーツを着用し、いよいよ海へ。
船のへりに腰かけ、海へでるのですがもうこの時点で大パニック。
なんか重いボンベとか背負ってるし、「どざえもん」という言葉が頭をよぎります。
 
 
船から海底に伸びるロープにつかまりながらなんとか浮くことに成功するも
襲い来る波の恐怖、口にレギュレーターをくわえてもなかなか潜れず。
一緒のチームの人はみんなすんなりと潜る。うわあ~帰りたい!やだ!
 
 
刻々と過ぎる時間、周りに迷惑をかけてはいけない!と覚悟を決め
海中に突入。息を吸いながら水中にもぐった時の、経験したことのない感覚。
 
しばらくはドキドキしたけど、息も吸えるし、海中の音も気持ちいいし、あれ、いけるじゃん!
 
【サウナ翻訳】
絶対冷たい!死ぬ!とすっごいドキドキしながら水風呂に入ってみたけど。
案外冷たくないし、ほてった体に気持ちいいし、あれ、いけるじゃん!
 
 
もうこの先は戻れないんだ・・・とにかく酸素を死守しよう!と心に決め、サンゴ礁に向かうと
色とりどりの大きなサンゴ!魚!おとぎ話の竜宮城まんま~!
と、さっきまでの恐怖はどこへやら、しっかり満喫したのでした。
(ダイビングの楽しさについては割愛します。笑)
 
{A5C7DC73-1E9E-44F6-A3DF-F722A79C6505}
 
人間は基本的に
「普段と違うことやるのいや~ん!」
な生き物だそうです。
(そのあたりは恒常性、ホメオスタシスあたりでググるとおもしろいかも)
新しいことに挑戦するときは、それがいくら楽しいとされていることでも
負荷がかかります。
一歩踏み出すのはなかなかに勇気のいる事なのですね。
 
 
なので、「サウナにはめたいな~」と思う人ができたら
誠心誠意、相手の気持ちと、相手の前提条件に寄り添って
提案すると成功率が上がるのではないでしょうか。
 
 
そして、一回ではあきらめない!人間が一回でこちらの言うことを聞いてくれるのは
お金がらみか、よっぽどメリットがある時くらいのものです。ふふふ。
 
 
長々と何の話だよ!って感じですが、是非周りの方をサウナにはめて、
楽しいサウナライフをお送り頂く一助になれば幸いです。
 
 
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
 
広告